中古車firefightの情報サイト

中古車firefight

中古車 firefight games

中古車の魅力

 

車を買うときに、自然と中古車を選択肢から外してしまう人は多いと思います。もちろん車はパーソナルなものですから、誰の痕跡も刻まれていない新車を望むのは当然だと思います。

 

しかし中古車を選択肢に入れることで、本来よりも1、2ランク上の車をよい状態で手に入れることができるかもしれません。中古車は需要によって大きく価格設定が異なりますので、あまり知られていない車は年式が新しいものでも値落ちしやすい傾向にあります。

 

そこで提案したいのが中古車を安く購入するには、いま乗っている愛車を車査定無料サイトで複数業者から見積もりをとることで、高額で売却することも可能なのです。

 

車査定無料
こちらのサイトでは、無料で愛車の査定をできますので、最高額にチャレンジしてみてください。
僕も使ってみましたが、賛否両論ありますが、個人的には良かったです。
やはり査定士が家まで来てくれるところがポイントですね!

 

例えばトヨタのカムリなどは、クラスとしては同社のマークXと同等であるにも関わらず、4、5年落ちの程度のいい車両が100万円台前半、上手くすれば100万円を切る値段で買えてしまいます。軽やコンパクトカーを新車で買うよりも断然安く、上質なセダンを手に入れることができるわけです。

 

もちろん税金などは高くなりますが、一般的に人気が下火となっているミドルセダンのクラスは、比較的年齢層の高い方が乗っていた場合が多く、車両の状態がよいものが多いというのも一つの利点です。

 

コンパクトやミニバン、ハイブリッドが主流となった裏で、主流から外れてしまったけれども上質な車というものは多数存在します。

 

中古車を選択肢に入れることで、マイナーだけれどもよい車というものを手ごろな価格で手に入れることができるというのは、車選びのひとつの楽しみとなるのではないでしょうか。

マツダが熱い!?

一昔前まで、自動車メーカーといえばまずトヨタ、ホンダ、日産の三つが思い浮かべられ、それ以外のメーカーはどこかマイナーで信用しきれないイメージを持たれていた感があります。

 

特にマツダは、そのディーラーの値引きの大きさと下取りに出した際の車両の安さから、マツダ車の循環から抜け出すことができなくなる「マツダ地獄」という言葉が作られたり、あるいはロータリーエンジンなどの独自技術で特定の人々を惹きつけたり、どこかニッチなメーカーというイメージが付きまとってきたように思います。

 

ところが最近のマツダはすごい。様々な車種に共有されるスタイリッシュなデザインは、新型アテンザにはじまる「魂動KODO」というコンセプトに見られるように、流麗でしかも力強く、世界的な水準で見ても素晴らしいものだと言えるでしょう。

 

車の性能的な側面をみても、スカイアクティブやクリーンディーゼルなど、他の日本車メーカーがハイブリッド車の開発に躍起になる中で独自の路線をとり、やはり世界的な水準を見定めています。

 

環境に配慮した技術のあり方を見定めながらも、車そのもののパフォーマンスを損なうようなことを決してせず、高い次元で環境性能と動力性能を両立したあり方を目指した車作りのあり方は、画一的にハイブリッド化へ向かう日本の自動車産業に対して一石を投じるものであるように思われます。

 

今冬に登場予定の新型アクセラも、公開されているデザインは素晴らしいものであり、しかも手ごろな価格で購入できるとあり、発売が待ち遠しいところです。